Webマーケティングの独学は難しい?理由とおすすめ勉強法を解説

Webマーケティングの独学が難しい様子
web_eitapapa.fire

昨今、企業においてオンラインの接点を活用したマーケティングは欠かせない時代となってきており、Webマーケティングスキルに強い方の需要は高まっております。

また、コロナ禍を経て、リモートワークやフレックス勤務などの多様な働き方が浸透してきた世の中において、自分のペースで仕事をしやすいWebマーケティング関連業務に従事したいという方も増えてきております。

こうした背景から、Webマーケティングに興味を持ち、独学で学びたいと考える方は多いでしょう。

しかし、いざ始めてみるとその難しさに直面し、挫折してしまう人も少なくありません。

この記事では、Webマーケティングの独学が難しい理由と、初心者におすすめの勉強法を詳しく解説します。

Webマーケティングの学習方法として、Webマーケティングスクールの受講をお考えの方は、以下の記事もよければ参考ください。

eita
eita
上級ウェブ解析士
Profile
ウェブ解析士合格レポ管理人。事業会社に勤めながら副業でウェブマーケティングに携わっています。
本業は元々ウェブ解析と縁遠かったものの、趣味と勉強を兼ねてウェブ解析士を取得後、本業でもウェブ集客に携わるように。
Google Analyticsとラッコキーワードを愛用し、キーワード戦略に思いを巡らすのが至福の時

・2022年1月 ウェブ解析士取得を決意
・2022年2月 ウェブ解析士取得
・2022年6月 上級ウェブ解析士取得

\2024年版!おすすめウェブマーケティングスクール/

ウェブ広告運用やSEO対策など実践的なスキルを身に着けたい方向けにはウェブマーケティングスクールがおすすめ。カリキュラムが実践的かつ口コミの評判がよい現役WEBマーケター講師から学べるウェブマーケティングスクールです。

ウェブ解析士におすすめのウェブマーケティングスクール

Wannabe Academy

未経験者をWEBマーケターに養成するスクール。現役マーケターが講師を努め、実務特化型で進めるカリキュラム。転職サポートも充実。

ウェブ解析士におすすめのウェブマーケティングスクール_WEBMARKS

WEBMARKS

SEOとWeb広告が両方本格的に学べる業界唯一のWebマーケティングスクール。現役のWebマーケターが講師を務めており、実践型で学べるアウトプット重視の講座。

マケキャンのバナー

マケキャン by DMM.com

転職を本気で考えている方向けの完全オンライン型のWEBマーケティングスクール。転職サポートが手厚く、リスキリング補助金にも対応。

Webマーケティングの独学が難しい理由

ウェブマーケティングを独学で学ぶのが難しい様子

まず初めに、Webマーケティングの独学がなぜ難しいと言われるか?その理由を4つ紹介します。

1. 情報の多さと散在

Webマーケティングの世界は非常に広く、SEO、コンテンツマーケティング、SNSマーケティング、広告運用、データ分析など、多岐にわたる分野があります。それぞれの分野について学ぶべきことが多く、情報がインターネット上に散在しているため、どこから手を付けてよいかわからないことが多いです。

eita
eita

昨今のトレンドや、実務での利用頻度も踏まえながら学習を進めていくことが大事です。

2. 情報の信頼性の問題

インターネット上の情報は玉石混交です。質の高い情報もあれば、誤った情報や古い情報もあります。初心者にとって、信頼性のある情報源を見極めることは難しく、誤った知識を身につけてしまうリスクがあります。

eita
eita

昔は有効だったけれども今は古く、むしろペナルティを受けるなんて手法もあったりします。

3. 実践の難しさ

Webマーケティングは、理論を学ぶだけでなく、実践が重要です。しかし、実際に手を動かして試してみる環境を整えるのは容易ではありません。実際の案件に取り組む機会が少なく、経験を積むことが難しいため、実践的なスキルを身につけるのに時間がかかります。

4. 変化の速さ

Webマーケティングの世界は常に進化しています。Googleのアルゴリズム変更やSNSのトレンド変化、新しいマーケティングツールの登場など、常に最新の情報をキャッチアップしなければなりません。独学では、この変化についていくのは簡単ではありません。

Webマーケティングの勉強方法

Webマーケティングの勉強方法を比較している様子

続いて、Webマーケティングのよくある勉強方法について、いくつかピックアップします。

1. 書籍での学習

書籍は、体系的に知識を得るのに適した方法です。実践に入る前の基礎知識の習得や、実践の中でつまづいたことについて、他者からの考えから気づきを得るのにも有効です。

「本で学ばなくても、インターネットの情報で事足りるのでは?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

ですが、書籍を手に取って学ぶことは、インターネット上の情報から学ぶこととは異なる良さ(メリット)があります。

本で学ぶことのメリット
  • 点での情報ではなく、一つの著者から線で(=体系立てて)で学ぶことができる
  • 著者名がわかるので、権威性のある人の良質な知識であるかがわかる

2. オンライン学習

オンライン学習は、動画やテキストを使って学べるため、視覚的に理解しやすく、実践的なスキルを身につけるのに適しています。Udemyなどのプラットフォームでは、多くのWebマーケティングコースが提供されています。

昨今では、企業が社員のスキルアップ支援策として、オンライン学習環境を法人契約の元で社員が利用できる環境を整備するなどの事例も増えてきております。

オンライン学習のメリット
  • 自分のペースで学習できる
  • 場所を問わない
  • 有人対応のスクールと比較して一般的に安い

3.Webマーケティング企業のオウンドメディア

最新の情報を得るために、専門家が執筆するブログやWebマーケティング専門のサイトを定期的にチェックすることも一つの手です。

例えば、以下のようなWebマーケティング会社が運営するオウンドメディアを見ることで、最新の知識であったりトレンドをチェックすることも可能です。

Webマーケティング関連のおすすめメディア

eita
eita

私も大変参考にさせていただいてるメディアです!

4.資格取得

資格取得も書籍の読書と同様に、体系立てた基礎知識の習得方法としておすすめです。

「合格」を目標とすることでモチベーション高く取り組むことができることに加え、取得によって自身のスキルが証明される点もメリットです。

例えば、ウェブマーケティング関連であれば、「ウェブ解析士」は初心者向けの入口としておすすめできる資格です。デジタルマーケティング全般の基礎知識に加え、解析方法やクライアント向けのレポーティング等を学ぶことができます。

筆者は上級ウェブ解析士を取得後、ウェブ解析スキルを高めながらSEOのノウハウを習得し、社内外でそのスキルが重宝されるようになりました。

5. 実践を通じた学習

最も効果的な学習法の一つは、実際に手を動かしてみることです。自身のブログやSNSアカウントを使って、学んだことを試してみると、理解が深まります。

最も間違いなく実践的なスキルを身に着けられるのは、Webマーケティング企業に入社してクライアントワークを重ねたり、インハウス(内製)でWebマーケティングを行う部署で働くことだと思います。

eita
eita

自分の手を動かしながら、数多くの案件を回していくことに勝る学習はないと思います!

ただし、これは新卒での入社や転職、あるいは希望部署への配置が可能な方に限られてくるので簡単ではありません。

Webマーケティングスクールの受講をおすすめする理由

Webマーケティングスクールをおすすめしている様子

ここまで、Webマーケティングについて学ぶ方法について解説しましたが、多数ある学習法の中でもおすすめの「Webマーケティングスクール」の受講について紹介したいと思います。

1. 体系的なカリキュラム

Webマーケティングスクールでは、体系的にカリキュラムが組まれており、必要な知識を順序立てて学ぶことができます。これにより、効率的に学習が進みます。

2. 実践的なスキルの習得

スクールでは、実際の自分の手で広告運用を行うなど、実践的なプログラムが組み込まれていることが多く、実践的なスキルを身につけることができます。クライアントワークの機会が提供される場合もあり、実務経験を積むことができます。

3. 専門家のサポート

学習中にわからないことがあれば、専門の講師に質問することができます。これにより、独学では解決できない疑問や問題をスムーズに解決できます。

スクールの多くが、「現役ウェブマーケター」が講師を勤めています。過去にWebマーケティングに携わったことがある方よりも、現役の方が、昨今のトレンドや有効な手法についても知見をお持ちなケースはあるので、できるだけ現役ウェブマーケターが講師のスクールを選びましょう。

4. ネットワーキングの機会

スクールでは、同じ志を持つ仲間と出会うことができ、情報交換や共同学習が可能です。また、卒業後もネットワーキングの機会が続き、業界でのキャリアを築く上で有益な人脈を作ることができます。

5. 最新の情報を学べる

スクールでは、常に最新のWebマーケティングのトレンドや技術を取り入れたカリキュラムが提供されるため、最新の知識を身につけることができます。

おすすめWebマーケティングスクール【3選】

Webマーケティングスクールを受講している様子

たくさんあるWebマーケティングスクールの選び方を踏まえて、たくさんあるスクールの中でもおすすめ3選について紹介します。

eita
eita

現役Webマーケター講師から学べるものや、クライアントワークで実務経験を得られるもの、SEOに強いスクールなどをピックアップしております。

➀Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)でWebマーケティングを学んでいる人

Wannabe Academy」はWebマーケティングスキルを習得するビジネススクールです。

Webマーケティングの基礎となる考え方や、データ分析の方法解説様々なWeb広告の概要を学ぶことに加え、サイト分析や改善策のプランニング、広告運用を行う実践的なカリキュラムです。

また、実在するクライアントのWebマーケ施策を行います。案件ヒアリング、サイト分析から施策提案、広告運用から改善提案まで実務を全て経験できると評判です。

eita
eita

履歴書に「実務経験あり」と書きたい人におすすめです!

項目内容
おすすめコースWebマーケティングコース
講座・カリキュラムWebマーケティング基礎/Googleアナリティクス/カスタマージャーニー/Google広告やSNS広告の運用方法/広告運用の実践/Web広告改善提案
学習スタイルリアルタイム授業/テキスト、動画教材/実務参加
学習場所オンラインまたは通学
受講・サポート期間最大8ヶ月
受講料金(税込)受講料:264,000円 ※別途、入学金:66,000円
サポートチャットでの無制限質問対応/マンツーマン補講受け放題/転職サポート/副業者に案件獲得補償
おすすめポイント実際の広告配信(Google広告/ディスプレイ広告)まで行い、実務経験を積める実践型カリキュラム/マンツーマン補講可/クライアントワークへの参加/転職・復職希望者への案件サポート
運営会社株式会社Shareway
公式HPWannabe Academy公式HP
※2024年6月時点の公式サイト情報より
実務特化型のカリキュラム!

実務経験が積めるWebマーケティングスクール

あわせて読みたい
Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)の評判や口コミ・デメリットを徹底解説
Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)の評判や口コミ・デメリットを徹底解説

②WEBMARKS(ウェブマークス)

WEBMARKS(ウェブマークス)でWebマーケティングを学んでいる人

「WEBMARKS」は完全オンライン型ウェブマーケティングスクールで、SEOと広告運用が両方学べる点が特徴的なサービスです。

元々WEBMARKS社はSEOを専門とした会社ですが、デジタルアスリート社と協業することで、SEOと広告運用の両方を学べるようになりました。

SEOを主体に広告運用も学びたいという方には、WEBMARKSのスクールがおすすめです。

項目内容
おすすめコース動画&コンサルティングコース超実践講座
講座・カリキュラムSEO実践講座/案件獲得・転職講座/Web広告実践講座/SEOの運営実務件数
学習スタイル動画講義で学習/仮想クライアント向け提案書作成/グループワーク等
学習場所オンライン
受講期間最大12ヶ月
受講料金(税込)動画コンサルティングコース:385,000円/超実践講座:495,000円
※別途、入学金:70,000円
サポート現役Webマーケターによる質問対応・Zoomコンサル/マンツーマンサポート/営業資料や職務経歴書の添削/卒業後も案件獲得・転職サポート/転職支援・副業案件の斡旋
おすすめ理由現役プロのSEOマーケターが最新のSEO・Webマーケティングを指導/チームメンバーのディレクション・管理を実務経験/ライターが作成した構成・記事チェックの実務経験/SEO企業ならではの本格的なSEOが学べるカリキュラム
運営会社株式会社WEBMARKS
公式HPWEBMARKS公式HP
※2024年6月時点の公式サイト情報より

③マケキャン by DMM.com

マケキャンby DMM.comでWebマーケティングを学んでいる人

「マケキャンbyDMM.com」は、完全オンライン完結のWebマーケター養成スクールです。

転職を本気で考えている方や、グループワークや実際のWEBマーケ会社とのワークなどを通じて実践的なスキルを身につけたい方におすすめのスクールです。

転職成功率98%のDMM WEB CAMPの転職キャリアサポートの知見をマケキャンbyDMM.comに活かしている点や、リスキリング補助金を活用できる点が特徴です。

項目内容
おすすめコース転職コース転職コース Premium
講座・カリキュラム広告運用の基礎知識・プランニング手法/グループワーク/広告プランニングワーク
学習スタイル動画&講師によるインプットと毎週のプレゼン&フィードバック
学習場所オンライン
受講期間2~3ヶ月
受講料金(税込)転職コース:330,000円/転職コース Premium:657,800円
※別途、入学金:33,000円
サポート転職対策サポートが充実(キャリアコーチング/書類添削/面接対策/模擬面接/企業別対策)
おすすめ理由転職対策が充実リスキリング補助金によるキャッシュバック有
運営会社株式会社インフラトップ
公式HPマケキャンby DMM.com 公式HP
※2024年6月時点の公式サイト情報より

まとめ

Webマーケティングを学んでステップアップする人

Webマーケティングを独学で学ぶのは確かに難しい部分も多いですが、適切な方法を選べば効率的に学習を進めることができます。書籍、オンライン学習、Webマーケティング企業のオウンドメディアや資格取得など、さまざまな方法からご自身にあった方法で学習を進めることが可能です。

しかし、実際に広告運用を回すなど実践的なスキルの習得という観点で、独学での限界を感じる方は多いと思います。

そうした方は「Webマーケティングスクールの受講」を検討するのも一つの方法です。

体系的なカリキュラムや専門家のサポートを受けることで、より深い知識と実践的なスキルを身につけることができます。

Webマーケティングスクールを受講する場合、多くのスクールで無料の説明会やカウンセリングを行っているので、いきなり申し込むのではなく、ご自身で情報収集した上でマッチするところを探してみることをおすすめします。

最終的には、自分に合った方法で継続的に学び続けることが、Webマーケティングのスキルを身につけるための鍵となります。

今回の記事は以上です。

皆さんのチャレンジを応援しています!

ABOUT ME
eita
eita
上級ウェブ解析士
ウェブ解析士合格レポ管理人。事業会社に勤めながら副業でウェブマーケティングに携わっています。
本業は元々ウェブ解析と縁遠かったものの、趣味と勉強を兼ねてウェブ解析士を取得後、本業でもウェブ集客に携わるように。
Google Analyticsとラッコキーワードを愛用し、キーワード戦略に思いを巡らすのが至福の時

・2022年1月 ウェブ解析士取得を決意
・2022年2月 ウェブ解析士取得
・2022年6月 上級ウェブ解析士取得
記事URLをコピーしました