Webマーケティングスクールは意味ない?いらない?|受講すべきスクールの見極め方を解説

Webマーケティングスクールを受講する人
web_eitapapa.fire

近年、インターネットとデジタルデバイスの普及により、多くの企業はWebマーケティングによる顧客獲得を強化しています。これに伴い、デジタルマーケティングの重要性が増し、専門知識を持つ人材の需要が高まっています。

また、コロナ禍による影響で、働き方の多様化がいっそう進んできたことにより、リモートでの勤務やスキマ時間での副業と相性のよい、Web関連職の人気も高まっています。

こうした背景から、Webマーケティングに関するスキルを身に着けるために、Webマーケティングスクールの受講を検討される方がかなり増えてきています。

しかし、インターネットで検索してみると、

  • Webマーケティングスクール 意味ない
  • Webマーケティングスクール やめとけ
  • Webマーケティングスクール いらない

といったキーワードを目にして、受講前に気になってしまう方もいらっしゃると思います。

そこで本記事では、なぜ「Webマーケティングスクールは意味ない」といった批判的なキーワードも出てくるのか、理由を解説したいと思います。

結論から言うと、受講される方の誤った期待や継続力、スクールのレベルによっては受講の意味が無くなるケースはありえます。

Webマーケティングスクール自体には価値は十分あるものの、自分の目標達成にマッチするスクールを選ぶことが重要です。

それでは詳細を解説します。

eita
eita
上級ウェブ解析士
Profile
ウェブ解析士合格レポ管理人。事業会社に勤めながら個人事業主としてウェブマーケティングに携わっています。
本業は元々ウェブ解析と縁遠かったものの、趣味と勉強を兼ねてウェブ解析士を取得後、本業でもウェブ集客に携わるように。
Google Analyticsとラッコキーワードを愛用し、キーワード戦略に思いを巡らすのが至福の時

・2022年1月 ウェブ解析士取得を決意
・2022年2月 ウェブ解析士取得
・2022年6月 上級ウェブ解析士取得
\2024年版!おすすめウェブマーケティングスクール/

ウェブ広告運用やSEO対策など実践的なスキルを身に着けたい方向けにはウェブマーケティングスクールがおすすめ。カリキュラムが実践的かつ口コミの評判がよい現役WEBマーケター講師から学べるウェブマーケティングスクールです。

ウェブ解析士におすすめのウェブマーケティングスクール

Wannabe Academy

未経験者をWEBマーケターに養成するスクール。現役マーケターが講師を努め、実務特化型で進めるカリキュラム。転職サポートも充実。

ウェブ解析士におすすめのウェブマーケティングスクール_WEBMARKS

WEBMARKS

SEOとWeb広告が両方本格的に学べる業界唯一のWebマーケティングスクール。現役のWebマーケターが講師を務めており、実践型で学べるアウトプット重視の講座。

マケキャンのバナー

マケキャン by DMM.com

転職を本気で考えている方向けの完全オンライン型のWEBマーケティングスクール。転職サポートが手厚く、リスキリング補助金にも対応。

Webマーケティングスクールとは何か?

Webマーケティングスクールの受講を検討している人

まず前提として、Webマーケティングスクールは、インターネットを利用して商品やサービスを効果的に宣伝・販売するための知識と技術を学ぶための場です。

具体的には、ウェブサイト、ソーシャルメディア、検索エンジン、メール、オンライン広告などのデジタルチャネルを利用してターゲットとなる顧客にリーチし、エンゲージメントを高め、コンバージョン(購入や問い合わせなど)を促進するための知識・技術を身に着けます。

これらの分野を効果的に活用することで、企業や個人はオンラインでのプレゼンスを向上させ、ビジネスの成長を促進することができます。

Webマーケティングスクールは、初心者から経験者まで、幅広い学習者を対象にしています。スクールでは、理論的な知識だけでなく、実際のマーケティングキャンペーンの企画や運用、分析など、実務に直結するスキルを身につけることができます。

多くのスクールでは、講義形式の授業だけでなく、グループワークや実践的なプロジェクトを通じて学ぶ機会を提供しており、受講生が実際の業務にすぐに活かせる能力を養います。

また、Webマーケティングスクールでは、現役のマーケティングプロフェッショナルが講師を務めることが多く、最新の業界トレンドや実践的なアドバイスを直接受けることができる点も大きな魅力です。

さらに、卒業後のキャリア支援やネットワーキングの機会も提供されるため、受講生は学んだ知識を活かしてスムーズにキャリアを進めることができます。

Webマーケティングスクールは、効率的に専門知識を習得し、実務経験を積むための理想的な環境を提供する場です。

そのため、Webマーケティングの分野でキャリアを築きたいと考える人々にとって、有力な選択肢となります。

Webマーケティングスクールが「意味がない」と感じる理由

Webマーケティングスクールの受講に批判的なキーワードが出てくる理由を考えている人

Webマーケティングスクールについて、「意味がない」「いらない」と感じる理由は様々ですが、よくあるケースについて紹介します。

  1. 受講前に期待していた学習内容と実態にギャップがあった
  2. 講師のレベルが低く、学びが薄かった
  3. 仕事との両立がむずかしく、途中でやめてしまった
  4. 希望の企業に転職できなかった

それぞれ説明します。

受講前に期待していた学習内容と実態のギャップがあった

ひとえにWebマーケティングスクールと行っても、学べる内容や重点に入れているポイントは異なります

カリキュラムの内容を確認せずに受講すると、受講を開始した後で「思ってたのと違う…。」ということが起こりえます。

よくあるものとしては、

  • 広告運用をメインに学ぼうと思っていたら、SEO(検索エンジン最適化)がメインだった
  • 実務経験ができると思っていたら、シミュレーションまでだった

といったものが挙げられます。

紹介ホームページのカリキュラム概要を確認するだけでなく、受講前に体験セミナーを受講して質問するなどして、スクールの内容が自身の学びたいこととマッチするかを確認しましょう。

講師のレベルが低く、学びが薄かった

予備校講師のレベルが予備校ごとに異なるように、Webマーケティングスクールによって講師のレベルは異なります。

プログラミング学習系のスクールだと、講師が学生のアルバイトというケースもよくあります。

eita
eita

筆者自身もスクールに通っていたときには、学生さんに教えてもらうケースが実際にありました。

せっかく大きな費用をかけて学ぶ機会を得るのであれば、実績豊富でスキルの高い講師から学びたいという方がほとんどだと思います。

また、Webマーケティングはアルゴリズムやツールの入れ替わりも激しい業界なので、「Webマーケティングの経験がある講師」だけでなく、昨今のWebマーケティング事情にも精通しているか?(=つまり、現役であるかどうか?)も大事になってきます。

「現役のWebマーケター」から学べることをウリにしているWebマーケティングスクールもあるので、講師のレベルが高いスクールを選ぶようにしましょう。

仕事との両立がむずかしく、途中でやめてしまった

授業の形態はスクールによっても異なりますが、週1回の授業参加であったり、課題を進めたりであったり、それなりの稼働確保が必要になっていきます。

受講前にモチベーションが高まりすぎて、スケジュールを確認せずにいざ受講してみると「なかなか稼働が確保できない…。」といったことも起こり得ます。

当たり前ではありますが、スクールのゴールは「実践的なスキルを身に着ける」ことです。

一朝一夕で身に着けられるスキルではないため、そこに自分の稼働を投資できるだけのスケジュール確保を心づもりした上で、申し込むようにしましょう。

eita
eita

ご自身の可処分時間を確認&工夫したうえで、受講を決めましょう

希望の企業に転職できなかった

Webマーケティングスクールの中には、Webマーケティング関連企業への転職サポートや、転職成功率をウリにしている講座もあります。

Webマーケティング業界への転職をお考えの方には、とても魅力的ではありますが、「希望の企業に必ず就職できる」という類のものではない点に注意する必要があります。

当たり前ではありますが、スクールに卒業したからといって、「希望の企業に必ず入れます!」といったことはありえません。

内定をもらえたとしても給与や働き方、福利厚生など希望の条件とマッチしないケースもおそらくあるでしょう。

eita
eita

希望の企業に就職するチャンスをつかむための土台作り、くらいに考えておくのがよいと思います。

Webマーケティングスクールで学べる事

Webマーケティングスクールで学べることを知りたがっている人

Webマーケティングスクールで主に学べることを紹介します。

実際に学べることや重点を置いている分野は、Webマーケティングスクールによって異なるので、以下を一例に、自分が学びたい分野や歩みたいキャリアとマッチしているか、受講前に確認するようにしましょう。

SEO(検索エンジン最適化)

ウェブサイトのコンテンツや構造を最適化して、検索エンジンの結果ページでのランキングを向上させる手法です。これにより、自然検索トラフィックを増加させます。

SEM(検索エンジンマーケティング)

有料検索広告を活用して、特定のキーワードに対してウェブサイトの露出を高める手法です。代表的なものにGoogle Adsがあります。

コンテンツマーケティング

Facebook、Twitter、Instagram、LinkedInなどのソーシャルメディアプラットフォームを活用して、ブランドの露出を高め、エンゲージメントを促進する活動です。

メールマーケティング

メールを通じて既存顧客や見込み顧客に情報を提供し、関係を構築し、コンバージョンを促進する手法です。ニュースレター、プロモーションメール、リテンションメールなどがあります。

オンライン広告

バナー広告、ビデオ広告、ネイティブ広告などを通じてターゲットオーディエンスにリーチする方法です。広告ネットワークやプラットフォームを利用して、特定のユーザー層に広告を表示します。

ウェブ解析

Google Analyticsなどのツールを使用してウェブサイトのパフォーマンスデータを収集・分析し、マーケティング活動の効果を測定します。このデータを基に改善策を講じることが重要です。

失敗しないために!Webマーケティングスクールを選ぶ5つのポイント

Webマーケティングスクール選びの指針を作っている人

Webマーケティングスクールの受講費は決して安くありません。スクール選びに失敗しないようにするために、以下の点をしっかり確認して受講することをおすすめします。

  1. 実務経験が必要かどうか
  2. 広告運用とSEOのどちらを重視するか
  3. サポート体制
  4. オンライン型か通学型か?
  5. スクールの受講費

それぞれ説明します。

実務経験が必要か?

Webマーケティングスクールを卒業後、転職をめざしておられる方は特に、「実務経験の有無」は注意すべき点です。

例えば履歴書にご自身の経験を書いた場合、

  • Webマーケティングスクールを卒業している
  • クライアントワークの実務経験がある

この2つは採用先に与えるインパクトが全然違います。

eita
eita

「クライアントワークの実務経験がある」方が、圧倒的に信頼を得やすいですよね。

広告運用の学び方を例に挙げると、スクールによって以下のように分かれます。

  1. 管理画面の設定方法だけを学ぶ
  2. 運用のシミュレーションまで行う
  3. 実際に広告費をかけてクライアントワークを行う

もちろん③まで行った方が、得られる経験値は大きいです。

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)は卒業後のクライアントワークまでサポート可能なスクールなので、履歴書に「実務経験あり」と書きたい方は参考にしてみて下さい。

実務特化型のカリキュラム!

実務経験が積めるWebマーケティングスクール

広告運用とSEOのどちらを重視するか?

Webマーケティングスクールのよくある分かれ道として、広告運用メイン or SEOメインの選択が挙げられます。

前者の広告運用はお金をかけて集客する方法で、いわゆるペイドと言われ、後者のSEOはノンペイドと言われます。

Webマーケティングスクールを運営する会社の多くは、広告運用やSEO運用の代行業務を行っており、そのバックグラウンドで培ったノウハウを生かしてスクールを運営しています。

中には広告運用とSEOの両方を事業として行っている会社もありますが、バックグラウンドは会社ごとに異なり、ノウハウに濃淡があります。スクールの強みや特色はしっかり確認しておくようにしましょう。

広告運用メインのスクールが比較的多い印象を受けますが、例えば、WEBMARKS(ウェブマークス)は、SEOに特化したWebマーケター養成スクールです。

最近では広告運用の企業であるデジタルアスリート社と協業することで、広告運用分野もカバーできる形になっておりますが、元々のバックグラウンドがSEO専門企業であるため、SEOを中心に学びたい方には特におすすめのスクールです。

サポート体制

未経験の方がWebマーケティングスクールに通う場合、使用される用語も含めてわからないところだらけのスタートとなります。

わからないものをそのまま残しておくと、授業についていけなくなったり、途中リタイアといったリスクも出てきてしまいます。

そういった意味で、サポートの手厚さはしっかり確認すべきです。

具体的には、

  • チャットでの質問対応が無制限
  • マンツーマンサポートに対応
  • サポート期間が長い
  • 転職・案件獲得サポートの内容(求人紹介、履歴書添削、面接対策など)  

といった点は、手厚さの指標として参考になると思います。

「3カ月でWebマーケターに!」という謳い文句を掲げているWebマーケティングスクールが少なくないですが、現実そう簡単ではありません。

質問や補講などのサポートをとことん活用し、さらに、卒業後もクライアントワークを通じて実践的に学びを深めるなどして、最大限使い倒すつもりで臨むことをおすすめします。

受講形式はオンライン型か通学型か?

Webマーケティングスクールによって、授業の開講形態は異なっており、オンライン型か通学型かに分かれます。

それぞれ一長一短ありますが、ご自身のライフスタイルや勉強のしやすさも踏まえて選ぶようにしましょう。

以下は、オンライン型と通学型のそれぞれメリットを比較したものです。

オンライン型のメリット通学型のメリット
・自分のペースで学習しやすい
・時間や場所に縛られず、どこからでも受講可能
・通学にかかる交通費が不要
・一般的に通学型より受講費用が安い
・講師に直接質問、相談ができるため、理解が深まる
・同じクラスの仲間と直接交流でき、人脈が広がる
・専用の学習環境に身を置くことで集中しやすい

スクールの受講費

コストパフォーマンスに優れるWebマーケティングスクールを選ぶようにしましょう。

おおよその目安ですが、30~50万円程度のスクールが多いです。

人気のWebマーケティングスクールを例に挙げると、以下のとおりです。

人気のスクール例入学金
(税込)
受講料料金(税込)
Wannabe Academy6.6万円ウェブマーケティングコース:26.4万円
WEBMARKS7万円動画コンサルティング講座:38.5万円
超実践講座:49.5万円
マケキャンbyDMM.com3.3万円転職コース:33万円~
学習コース:16.5万円~
※2024年6月時点

一部のWebマーケティングスクールでは、2024年1月~開始された「リスキリング補助金」を活用したキャッシュバックを受けられます。

リスキリング補助金は、経済産業省が推し進める施策で、リスキリングを通じたキャリアアップを支援しており、受講費の50~70%が補助するなど、手厚い内容になっています。

>>経済産業省|リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業

eita
eita

転職希望者向けには、特に魅力的な施策になっているので、今すぐでなくとも、ゆくゆく転職も視野に入れている方はチェックしてみることをおすすめします。

例えば、マケキャン by DMM.com は、リスキリングを通じたキャリアキャリアアップ支援事業に認定されています。一部のコースでは最大56万円のキャッシュバックなど、経済面で大きな支援を受けることができます。

受講料が最大70%割引!

現役Webマーケターから個別指導で実務が学べるスクール

各スクールごとに、学習内容やサポートの手厚さ(内容、期間)も異なっているため、単に料金だけで比較するのではなく、各社の強みや特徴を踏まえて比較検討することをおすすめします。

eita
eita

私が選ぶなら、

  • クライアントワーク通じた実務経験なら、Wannabe Academy
  • SEOをしっかり学びたいなら、WEBMARKS
  • 転職重視やリスキリング補助金活用ならマケキャン

といったところでしょうか。

おすすめWebマーケティングスクール【3選】

Webマーケティングスクールのおすすめを紹介している人

ご紹介したWebマーケティングスクールの選び方を踏まえて、たくさんあるスクールの中でもおすすめ3選について紹介します。

➀Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)でWebマーケティングを学んでいる人

Wannabe Academy」はWebマーケティングスキルを習得するビジネススクールです。

Webマーケティングの基礎となる考え方や、データ分析の方法解説様々なWeb広告の概要を学ぶことに加え、サイト分析や改善策のプランニング、広告運用を行う実践的なカリキュラムです。

また、実在するクライアントのWebマーケ施策を行います。案件ヒアリング、サイト分析から施策提案、広告運用から改善提案まで実務を全て経験できると評判です。

eita
eita

履歴書に「実務経験あり」と書きたい人におすすめです!

項目内容
おすすめコースWebマーケティングコース
講座・カリキュラムWebマーケティング基礎/Googleアナリティクス/カスタマージャーニー/Google広告やSNS広告の運用方法/広告運用の実践/Web広告改善提案
学習スタイルリアルタイム授業/テキスト、動画教材/実務参加
学習場所オンラインまたは通学
受講・サポート期間最大8ヶ月
受講料金(税込)受講料:264,000円 ※別途、入学金:66,000円
サポートチャットでの無制限質問対応/マンツーマン補講受け放題/転職サポート/副業者に案件獲得補償
おすすめポイント実際の広告配信(Google広告/ディスプレイ広告)まで行い、実務経験を積める実践型カリキュラム/マンツーマン補講可/クライアントワークへの参加/転職・復職希望者への案件サポート
運営会社株式会社Shareway
公式HPWannabe Academy公式HP
※2024年6月時点の公式サイト情報より
実務特化型のカリキュラム!

実務経験が積めるWebマーケティングスクール

あわせて読みたい
Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)の評判や口コミ・デメリットを徹底解説
Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)の評判や口コミ・デメリットを徹底解説

②WEBMARKS(ウェブマークス)

WEBMARKS(ウェブマークス)でWebマーケティングを学んでいる人

「WEBMARKS」は完全オンライン型ウェブマーケティングスクールで、SEOと広告運用が両方学べる点が特徴的なサービスです。

元々WEBMARKS社はSEOを専門とした会社ですが、デジタルアスリート社と協業することで、SEOと広告運用の両方を学べるようになりました。

SEOを主体に広告運用も学びたいという方には、WEBMARKSのスクールがおすすめです。

項目内容
おすすめコース動画&コンサルティングコース超実践講座
講座・カリキュラムSEO実践講座/案件獲得・転職講座/Web広告実践講座/SEOの運営実務件数
学習スタイル動画講義で学習/仮想クライアント向け提案書作成/グループワーク等
学習場所オンライン
受講期間最大12ヶ月
受講料金(税込)動画コンサルティングコース:385,000円/超実践講座:495,000円
※別途、入学金:70,000円
サポート現役Webマーケターによる質問対応・Zoomコンサル/マンツーマンサポート/営業資料や職務経歴書の添削/卒業後も案件獲得・転職サポート/転職支援・副業案件の斡旋
おすすめ理由現役プロのSEOマーケターが最新のSEO・Webマーケティングを指導/チームメンバーのディレクション・管理を実務経験/ライターが作成した構成・記事チェックの実務経験/SEO企業ならではの本格的なSEOが学べるカリキュラム
運営会社株式会社WEBMARKS
公式HPWEBMARKS公式HP
※2024年6月時点の公式サイト情報より

③マケキャン by DMM.com

マケキャンby DMM.comでWebマーケティングを学んでいる人

「マケキャンbyDMM.com」は、完全オンライン完結のWebマーケター養成スクールです。

転職を本気で考えている方や、グループワークや実際のWEBマーケ会社とのワークなどを通じて実践的なスキルを身につけたい方におすすめのスクールです。

転職成功率98%のDMM WEB CAMPの転職キャリアサポートの知見をマケキャンbyDMM.comに活かしている点や、リスキリング補助金を活用できる点が特徴です。

項目内容
おすすめコース転職コース転職コース Premium
講座・カリキュラム広告運用の基礎知識・プランニング手法/グループワーク/広告プランニングワーク
学習スタイル動画&講師によるインプットと毎週のプレゼン&フィードバック
学習場所オンライン
受講期間2~3ヶ月
受講料金(税込)転職コース:330,000円/転職コース Premium:657,800円
※別途、入学金:33,000円
サポート転職対策サポートが充実(キャリアコーチング/書類添削/面接対策/模擬面接/企業別対策)
おすすめ理由転職対策が充実リスキリング補助金によるキャッシュバック有
運営会社株式会社インフラトップ
公式HPマケキャンby DMM.com 公式HP
※2024年6月時点の公式サイト情報より

まとめ|自分に合った学び方を見つけるために

Webマーケティングスクールを受講してキャリアを高めている人

本記事では、Webマーケティングスクール受講に関して、なぜ、「意味ない」といったネガティブな検索キーワードがサジェストされる理由について解説しました。

多くの場合は、受講される方の誤った期待や継続力、スクールのレベルによるものが多いと考えられます。

  • 何を学んでどうなりたいのか?
  • その目的を達成するのに役立つスクールであるか?

この辺りをしっかり検討することで、受講前の期待と受講後の満足度のギャップを埋められます。

Webマーケティングスクールを受講する主な目的は、

  • ウェブマーケティング関連企業に転職したい!
  • 本業で行っている広告運用に活かしたい!
  • 副業で稼げるようになるためにSEOを学びたい!

など、人によってさまざまです。

スクールの受講はある意味ステップアップの手段です。

受講することを目的にすることなく、「このスクールのカリキュラムは目的を達成するために必要なモノか?」を考えて受講するようにしましょう。

eita
eita

ホームページの情報だけでは読み取れないこと多々もあるので、事前の体験セミナーに参加&質問して確認することをおすすめします!

はじめは無料のオンライン説明会/体験講座に参加しよう

ほとんどのWebマーケティングスクールで無料のオンライン説明会や体験講座が用意されています。

筆者もオンライン説明会に参加しましたが、参加の主なメリットは以下です。

無料説明会の参加メリット
  • Webマーケティング業界の理解が深まる
  • Webマーケティングのイメージがつかめる
  • 受講に関して気になることが対面で聞ける
  • 割引キャンペーン情報が聞けるかも

オンライン説明会では、体験授業を通してWebマーケティングのことを学べるほか、ホームページの情報ではわからない情報も聞くことができます。

eita
eita

私はクライアントワークの実際の進め方など、深堀りして聞くことができました!

また、「無料説明会参加から●日間なら入学金が無料に!」といったキャンペーンも開催されていることもあります。

受講料は決して安くないので、ぜひ各スクールの話を聞いてみた上で、ご自身に合うスクールを探してみて下さい。

今回の記事は以上です。

皆さんのチャレンジを応援しております!

ABOUT ME
eita
eita
上級ウェブ解析士
ウェブ解析士合格レポ管理人。事業会社に勤めながら個人事業主としてウェブマーケティングに携わっています。
本業は元々ウェブ解析と縁遠かったものの、趣味と勉強を兼ねてウェブ解析士を取得後、本業でもウェブ集客に携わるように。
Google Analyticsとラッコキーワードを愛用し、キーワード戦略に思いを巡らすのが至福の時

・2022年1月 ウェブ解析士取得を決意
・2022年2月 ウェブ解析士取得
・2022年6月 上級ウェブ解析士取得
記事URLをコピーしました