受験対策
PR

【2024年版】ウェブ解析士の過去問は?⇒無いので公式問題集で受験対策を|上級ウェブ解析士が解説

ウェブ解析士の過去問_公式問題集を使った受験対策_アイキャッチ
web_eitapapa.fire

ウェブ解析士の受験を考えて、「ウェブ解析士の過去問」をお探しになられる方もいらっしゃるかと思います。

結論から申し上げますと、ウェブ解析士の過去問は提供・販売されていません。

eita
eita

「え?じゃあどうやって問題演習したらいいの?」と思われる方もいらっしゃると思います。

これも結論から言うと、ウェブ解析士協会の公式問題集があります。

created by Rinker
インプレス
¥2,860 (2024/05/26 07:17:53時点 Amazon調べ-詳細)

基本はこの公式問題集を使って受験対策を進めていきます。

私は2022年に受験しましたが、公式問題集を2~3周して受験にのぞみ、その結果、91点/100点満点で合格することができました。

ウェブ解析士2022年度結果

ということで今回は、ウェブ解析士の受験対策として肝となる、公式問題集について紹介したいと思います。

ウェブ解析士の難易度や勉強時間、基本的な受験対策については以下の記事にまとめておりますので、併せてご参考ください。

>>ウェブ解析士の難易度・合格率は?勉強時間、受験対策を徹底解説

eita
eita
上級ウェブ解析士
Profile
企業勤めのパパリーマン。
本業は元々ウェブ解析と縁遠かったものの、趣味と勉強を兼ねてウェブ解析士を取得後、本業でもウェブ集客に携わるように。
Google Analyticsとラッコキーワードを愛用し、キーワード戦略に思いを巡らすのが至福の時

・2022年1月 ウェブ解析士取得を決意
・2022年2月 ウェブ解析士取得
・2022年6月 上級ウェブ解析士取得


ウェブ解析士認定試験のイメージを掴める「ミニ模擬試験」をリリースしました。

試験の雰囲気を味わってみたい方は、以下を参考ください。

あわせて読みたい
【2024年版】ウェブ解析士認定試験の模擬試験|ミニテストで受験前の腕試し
【2024年版】ウェブ解析士認定試験の模擬試験|ミニテストで受験前の腕試し

2024年版】ウェブ解析士認定試験公式問題集の概要

ウェブ解析士公式問題集の概要

公式問題集の概要について紹介します。

こちらの写真は2023年版ウェブ解析士公式問題集(全319ページ)ですが、エアコンのリモコンくらいの厚さです。

ウェブ解析士認定試験公式問題集
eita
eita

これ一冊で出題範囲をカバーできると思うと、比較的楽なイメージです。

ウェブ解析認定試験 公式問題集の概要

2024年版ウェブ解析士公式問題集

ウェブ解析士協会が発売する「ウェブ解析士 認定試験公式テキスト」に準拠した対策問題集です。

著者

公式問題集の著者はウェブ解析士協会カリキュラム委員会です。

試験を出題する協会そのものが著者です。

eita
eita

つまり、この問題集を解けるようになれば、必然的に合格できるはずです。

内容・構成

章立ては以下のとおりです。

■基礎問題編

  • 第1章 ウェブ解析と基本的な指標
  • 第2章 事業戦略とマーケティング解析
  • 第3章 デジタル化戦略と計画立案
  • 第4章 ウェブ解析の設計
  • 第5章 インプレッションの解析
  • 第6章 エンゲージメントと間接効果
  • 第7章 オウンドメディアの解析と改善
  • 第8章 ウェブ解析士のレポーティング
  • GA4実践問題  ★2024年度版より追加

■応用問題編

  • 応用問題の解き方
  • 第1章 ウェブ解析と基本的な指標
  • 第2章 事業戦略とマーケティング解析
  • 第3章 デジタル化戦略と計画立案
  • 第4章 ウェブ解析の設計
  • 第5章 インプレッションの解析
  • 第6章 エンゲージメントと間接効果
  • 第7章 オウンドメディアの解析と改善
  • 第8章 ウェブ解析士のレポーティング

2023年度版の公式問題集と比較して、2024年版公式問題集の各章の内容・構成は変わっておりませんが、GA4実践問題が追加されています。

実際の試験においては、ウェブ解析士協会から発行されるGoogleアナリティクス(GA4)の閲覧権限を使って解く、GA4の実技問題が出題されるのですが、2023年版の公式問題集では実技問題の演習がありませんでした。

おそらく2023年度試験において、実技問題の解き方がわからなかった方が一定数出たため、2024年版公式問題集においてはその点をカバーしたのではないかと思います。

eita
eita

2023年度受験者に聞いたところ、「GA4の実際の管理画面を見て解く問題が出題されてびっくりした。管理画面を見たことがなかったので焦った」という方がいらっしゃいました。

GA4対策としては第7章の理解を深め、GA4の閲覧権限を使って実際の管理画面を見ながら実践問題を解いておくことをおすすめします。

本サイトでもGA4実践問題対策について以下の記事でまとめておりますので、併せて参考下さい。

>>ウェブ解析士のGA4実践問題対策|ログイン方法からレポートの見方・操作方法を解説(画像付き)

公式問題集の価格

2,860円(税込)です。

Amazonや楽天で購入できます。

created by Rinker
インプレス
¥2,860 (2024/05/26 07:17:53時点 Amazon調べ-詳細)

公式問題集のボリューム、所要時間は?

ウェブ解析士公式問題集2023の量、所要時間は?

問題のボリューム

2024年版公式問題集に収録されていた問題は以下のとおりです。

  • 基礎問題編:各章(第1章~第8章)毎に18問=計138問
  • GA実践問題:4問
  • 応用問題編:各章(第1章~第8章)3~8問=計50問

全部で192問です。

所要時間

仮に1問平均5分かけるとすると、16時間ほどです。

実際のところ4択問題なので、5分かからないと思いますが、1周目はテキストを読み返しながら解くので平均5分で考えてみました。

問題集にはスキマ学習に便利なアプリ付き

公式問題集の購入者限定特典で、Webアプリ問題集が利用できます。

通勤時間など、ちょっとしたスキマ時間に勉強するのにちょうどよいので、とてもおすすめです。

eita
eita

私の場合、通勤時間が30分あったので、スマホでポチポチ問題を解いてました。

アプリの使い方

ウェブ解析士認定試験公式問題集アプリの使い方画像

下記URLからからウェブ解析士認定試験公式問題集のページにアクセスし、特典欄から購入者向けの質問に回答することで利用できます。

https://book.impress.co.jp/books/1123101069

ウェブアプリ問題集の使い方
  1. 公式問題集のページを閲覧
  2. 購入者限定特典ページへ進み、購入者向けの質問に答える
  3. ウェブアプリが利用可能に

【おすすめの進め方】アプリで問題を解き、間違った箇所を問題集の解説とテキストで振り返る

問題集を使った私のおすすめ勉強法は以下です。

①アプリで問題を解く⇒間違ったら問題集の掲載ページへ

ウェブ解析士認定試験公式問題集アプリのイメージ

通勤時間やお昼休憩などスキマ時間はアプリを使って、ドシドシ問題を解いていきます。

間違った問題は問題集の掲載ページを確認します。

eita
eita

お家やカフェなど、しっかりスペースを確保して勉強できるときは、問題集を開いて進めるもヨシです。

②問題集で間違った問題の解説を読む

ウェブ解析士認定試験公式問題集のイメージ

問題集の解説を見て、なぜ間違ったのかを確認しましょう。

eita
eita

正答だけでなく、誤った選択肢がなぜ誤りだったか?も確認することで、誤りを消去法で消せる力も身につけましょう。

③公式テキストでさらに理解を深める

ウェブ解析士認定試験公式テキストのイメージ

問題集には、公式テキストのどの範囲から出題されているか記載してあります。

間違った問題は理解を深めるために、公式テキストをさっと読み返しましょう。

④あとは繰り返すだけ

eita
eita

あとは①~③を繰り返し、問題集を2~3周すれば、かなり正答率が上がっていると思います。

ちなみにこの公式問題集ですが、誤答にパターンがあり、消去法で選択肢を絞れることがあります。

ウェブ解析士の本番試験でも共通する可能性がありますので、興味がある方は以下の記事をご参考ください。

あわせて読みたい
ウェブ解析士受験のコツ|選択肢の傾向から誤答のパターンを見極める
ウェブ解析士受験のコツ|選択肢の傾向から誤答のパターンを見極める

【参考】ウェブ解析士主催のオンライン講座もある

ウェブ解析士認定試験_講座受講で受験対策

「ウェブ解析士に合格する」ことだけが目的であれば、問題集とテキストを使った独学でも十分合格ラインをめざせると思います。

一方で、

「ウェブマーケティングについて理解をできるだけ深めたい」

「解析ツールの使い方を学んで実務に活かしたい」

という方は、

ウェブ解析士協会主催の講座を受けてみてもいいかと思います。

ウェブ解析士関連では、以下の2つの講座がおすすめです。

eita
eita

特に、Googleアナリティクスはアクセス解析の実務で必須とも言えるので、講座を通じて本格的に勉強してもいいと思います。

私自身が講座を受講したのは上級ウェブ解析士からですが、やはりウェブマーケティングのプロである講師の話を聞くのはとても刺激になります。

座学勉強では体験できない学びもあるので、予算に余裕のある方や、会社負担での受講が可能な方は、受講をぜひ検討してみて下さい。

※認定講座の日程・詳細は確認したい方は以下のボタンから公式HPへ飛べます。

ウェブ解析士認定講座
Googleアナリティクス4講座

参考】合格体験・おすすめ学習法の紹介

こちらは、管理人が2022年に試験受験&合格した際の体験をまとめた記事です。

ご興味のある方は、ぜひ参考下さい。

あわせて読みたい
【2024年版】ウェブ解析士の勉強方法・勉強時間は?|独学1.5ヵ月で一発合格したおすすめ学習法
【2024年版】ウェブ解析士の勉強方法・勉強時間は?|独学1.5ヵ月で一発合格したおすすめ学習法

次に、2023年度試験を受験&合格された方へのインタビューを元に、リアルな受験対策・試験の感想をまとめた記事です。よければこちらもぜひ参考下さい。

あわせて読みたい
3週間で合格!ウェブ解析士の合格体験レポート|勉強方法や試験の難易度・感想を紹介
3週間で合格!ウェブ解析士の合格体験レポート|勉強方法や試験の難易度・感想を紹介

まとめ|過去問はないので問題集(+余裕があれば講座)で受験対策をしよう

まとめ

ウェブ解析士には「過去問」がありませんので、ウェブ解析士協会の公式問題集をメインに受験対策を進めましょう。

公式問題集には購入者限定のWebアプリが用意されているので、スキマ学習にぜひ活用していきましょう。

間違った問題は、問題集の解説公式テキストで振り返りながら、理解を深めていくのがおすすめです。

また、余裕があればウェブ解析士協会主催の講座で理解を深めるのもいいと思います。

合格率UPももちろんですが、何より実務に活かす上で役に立つはずです。

今回の記事は以上です。

みなさんの合格を祈念しています!

頑張ってください!

>>合格率UP・理解度向上をめざす方は、協会主催の講座がおすすめ

予算に余裕があればおすすめしたい講座です。(特に会社負担で受講できる方はおすすめ)

ウェブ解析士認定講座
Googleアナリティクス4講座

>>5万人超が受講したデジタルマーケティング資格「ウェブ解析士認定資格」

  • 50,000人以上が受験
  • デジタルマーケティングの実践的な知識を深く学べる
  • GA4やSNS活用、Web広告など専門性の高いテーマを学べる講座も提供

>>ウェブ解析士の受験に役立つ情報が満載!! ⇒ウェブ解析士合格レポTOPへ

ABOUT ME
eita
eita
上級ウェブ解析士
企業勤めのパパリーマン。
本業は元々ウェブ解析と縁遠かったものの、趣味と勉強を兼ねてウェブ解析士を取得後、本業でもウェブ集客に携わるように。
Google Analyticsとラッコキーワードを愛用し、キーワード戦略に思いを巡らすのが至福の時

・2022年1月 ウェブ解析士取得を決意
・2022年2月 ウェブ解析士取得
・2022年6月 上級ウェブ解析士取得
記事URLをコピーしました