合格率速報
PR

【ウェブ解析士】合格率速報|2024年4月期

ウェブ解析士の合格率(2024年4月)_アイキャッチ
web_eitapapa.fire

2024年4月期のウェブ解析士認定試験の受験者数・合格者数のプレスリリースが発表されましたので、ピックアップします。

さっそく、合格率について結論から言うと、2024年4月期の合格率は91%であると発表されています。

2024年度3月期が81%とガクッと下がったことについて、3月期の合格率速報の中で、「駆け込み需要によるもの」と予想しておりましたが、4月期は91%に回復したため、やはり予想が当たっていたものと思われます。

なお、過去の合格率推移については、以下の記事でまとめておりますので、よければこちらもご参考ください。

>>ウェブ解析士の難易度は?試験の内容や勉強時間、受験対策を徹底解説

では、詳細について解説します。

この記事はこんな方におすすめ
  • ウェブ解析士の資格取得を考えている方
  • ウェブ解析士の合格率が気になる方
  • ウェブ解析士の難易度を知りたい方
この記事の結論
  • 2024年4月期のウェブ解析士合格率は91%
  • ウェブ解析士認定試験の受験者は337人で、合格者は309人
  • ウェブ解析士認定講座の受講者数は82人

ウェブ解析士認定試験の合格率は?(2024年4月期)

ウェブ解析士に合格している人

ウェブ解析士協会のプレスリリースによると、2024年4月期の受験者数・合格者数は以下のとおりです。

2024年4月実績
  • 認定試験受験者数 :337人
  • 合格者数:309人
  • 合格率:91%

2023年度の平均合格率が92%であったのに対し、3月期が81%へと大きく低下したものの、4月期は元の91%に回復しました。

「資格取得の締め切りが3月となっている企業勤めの方々(内定者含む)が、駆け込みで受験されたのではないか?」というかねてからの予想が裏付けされたものと思われます。

ウェブ解析士は法人会員も多く、大企業における「推奨資格」に位置付けられているケースも良くあります。

年度締めである3月に、あまり準備期間が十分に確保できないまま3月に受験された方が一定数いたことが、合格率低下の要因だと考えます。

eita
eita

難易度はやさしい資格ですが、公式問題集の周回ナシに臨むと不合格になるリスクは高まります。

ウェブ解析士認定講座受講者数は?(2024年4月期)

続いて、ウェブ解析士認定講座の受講者数についてです。

2024年4月の受講者数は82人です。

直近は概ね70~80人程度の方が受講されているようです。

ウェブ解析士認定試験に合格するのに、必ずしも認定講座の受講は必要ありませんが、実務スキルを高めることや、模擬試験などの受講特典などを意識して受講される方もいらっしゃいます。

会社負担で受講できたり、スケジュールに余裕のある方は、受講を検討してみてください。

>>ウェブ解析士認定講座公式HPへ

eita
eita

2024年度のウェブ解析士認定講座は「オンデマンド版」が開講されています。

まとまった時間が確保しづらく、自分のペースで受講されたい方にはオンデマンド版がおすすめです。

>>ウェブ解析士認定講座オンデマンド版の詳細

【参考】ウェブ解析士のミニ模擬試験&GA4実践問題対策

ウェブ解析士のミニ模擬試験を当サイトにて公開しています。

実際の試験の半分の問題数/半分の所要時間で体験することができますので、

  • ウェブ解析士ってどんな問題が出題されるの?
  • ウェブ解析士の難易度は?
  • ウェブ解析士で学べることを知りたい!
  • 受験前の腕試しをしてみたい!

といったことをお考えの方は、ぜひお試しください。

あわせて読みたい
【2024年版】ウェブ解析士認定試験の模擬試験|ミニテストで受験前の腕試し
【2024年版】ウェブ解析士認定試験の模擬試験|ミニテストで受験前の腕試し

また、2024年3月よりGoogleアナリティクス(GA4)の実践問題対策について記事を公開しておりますので、GA4にあまり触れたことがなく、受験が不安だという方がいらっしゃいましたら、こちらも併せて参考ください。

あわせて読みたい
ウェブ解析士のGA4実践問題対策|ログイン方法からレポートの見方・操作方法を解説(画像付き)
ウェブ解析士のGA4実践問題対策|ログイン方法からレポートの見方・操作方法を解説(画像付き)

まとめ

ウェブ解析士の合格率(2023年12月)

2024年4月期のウェブ解析士認定試験の受験者数は337人で、合格者数は309人(合格率は91%)であると発表されました。

また、ウェブ解析士認定講座の受講者数は82人でした。

3月末に合格率が81%へと下がった要因は、企業やこれから新社会人を迎える学生さんの駆け込み受験が多かったためだと思われますが、おそらく10月くらいまでは安定して90%前後の合格率になるものと思います。

eita
eita

ウェブ解析士は毎年1月にカリキュラムが刷新されるので、11月~12月に再び駆け込み需要がやってきます。

受験費用も決してお安くはありませんので、ぜひ余裕をもったスケジュールで受験されることをおすすめします!

当サイトでは今後もウェブ解析士受験を後押しする情報をドシドシ配信してまいります。

みなさんのウェブ解析士取得チャレンジの参考になれば幸いです。

>>合格率UP・理解度向上をめざす方は、協会主催の講座がおすすめ

予算に余裕があればおすすめしたい講座です。(特に会社負担で受講できる方はおすすめ)

ウェブ解析士認定講座
Googleアナリティクス4講座

>>5万人超が受講したデジタルマーケティング資格「ウェブ解析士認定資格」

  • 50,000人以上が受験
  • デジタルマーケティングの実践的な知識を深く学べる
  • GA4やSNS活用、Web広告など専門性の高いテーマを学べる講座も提供

>>ウェブ解析士の受験に役立つ情報が満載!! ⇒ウェブ解析士合格レポTOPへ

ABOUT ME
eita
eita
上級ウェブ解析士
ウェブ解析士合格レポ管理人。事業会社に勤めながら個人事業主としてウェブマーケティングに携わっています。
本業は元々ウェブ解析と縁遠かったものの、趣味と勉強を兼ねてウェブ解析士を取得後、本業でもウェブ集客に携わるように。
Google Analyticsとラッコキーワードを愛用し、キーワード戦略に思いを巡らすのが至福の時

・2022年1月 ウェブ解析士取得を決意
・2022年2月 ウェブ解析士取得
・2022年6月 上級ウェブ解析士取得
記事URLをコピーしました